投稿者: info@laserchina.com、投稿日: 24 年 2023 月 XNUMX 日

レーザー技術が航空宇宙製造に革命をもたらす

世界的な航空宇宙産業の急速な成長により、インテリジェント製造およびレーザー アプリケーションに対する需要が増加しています。レーザー技術は、高速性、効率性、安全性、安定性など、航空宇宙製造においていくつかの利点をもたらします。この記事では、レーザー溶接の応用について説明します。 レーザークリーニング、航空宇宙産業における 3D プリンティング技術について説明し、製造能力の進歩を促進する上での重要性を強調しています。

航空宇宙製造におけるレーザー溶接:


デュアルビームレーザー溶接技術は、特にパネル構造と補強材の間の T ジョイントにおける溶接の課題に対処する際に、航空宇宙製造業界を変革しました。 XNUMX本のレーザー光を同時に利用することで、溶接による変形を最小限に抑え、形状精度を確保します。 外国と中国の両方の航空製造分野で広く採用されています。 レーザー溶接は、縦骨溶接、パネル溶接、衛星部品の純チタン溶接など、さまざまな航空宇宙部品に適用されています。

航空宇宙部品のレーザー洗浄:


レーザー洗浄技術 航空宇宙用途向けに効率的かつ正確な洗浄ソリューションを提供します。 ロケット、打ち上げロケットのタンクの構造キャビン、および航空エンジンのブレードを溶接する前に酸化膜を洗浄するために使用されます。 米国は、戦闘機や輸送機の表面洗浄にレーザー洗浄を導入することに成功しました。 従来の洗浄方法と比較して、レーザー洗浄は化学薬品の必要性を排除し、環境汚染を軽減し、部品の損傷や応力を回避し、柔軟性と効率性を提供します。 レーザー洗浄の航空宇宙用途には、航空機エンジン部品のスケール/オイル洗浄、ロケット保管箱の酸化膜洗浄、航空機部品の錆除去などがあります。

航空宇宙製造における 3D プリンティング技術:


積層造形としても知られる 3D プリンティング技術は、軽量の材料を使用して複雑な部品を高精度で製造できるため、航空宇宙産業で大きな注目を集めています。 従来の工具や治具が不要になり、加工手順が減り、製造サイクルが短縮されます。 NASA は航空宇宙分野での 3D プリンティング応用の先駆者であり、コスト削減のために実物大の銅合金ロケット エンジン部品を製造しています。 中国の研究機関や企業も航空宇宙用途向けの 3D プリンティング技術を積極的に研究し、リードしており、航空エンジン製造やプロペラブレード製造などの分野に恩恵をもたらしています。

レーザー技術の結論:

レーザー技術は航空宇宙製造業界において不可欠なものとなっており、溶接、洗浄、積層造形のためのソリューションを提供しています。 レーザー溶接技術、レーザー洗浄プロセス、および 3D プリンティング技術の進歩により、効率、精度、費用対効果が向上し、業界に革命をもたらしました。 レーザー技術の継続的な開発により、航空宇宙産業は製造能力のさらなる進歩を達成し、世界の航空宇宙市場の成長に貢献する態勢が整っています。

2023 年ベスト レーザー クリーニング マシン販売!

ミニモバイルサビレーザーリムーバー – HCC-M シリーズ

$3,499.00$15,999.00

空冷ミニ錆レーザー除去器 – HCC-L シリーズ

$3,499.00$15,999.00

モバイル多機能レーザークリーナー HCPシリーズ

$3,599.00$19,999.00

リュック型多機能レーザークリーナー HCP-Bシリーズ

$3,599.00$19,999.00

ミニラゲッジ用多機能レーザークリーナー HCP-Lシリーズ

$3,599.00$19,999.00

プラスチック荷物用多機能レーザークリーナー HCP-PLシリーズ

$3,599.00$19,999.00

モバイルサビレーザーリムーバー – HCCシリーズ

$3,599.00$19,999.00
レーザー技術が航空宇宙製造に革命をもたらす
このウェブサイトはあなたの経験を改善するためにクッキーを使用しています。 このウェブサイトを使用することにより、あなたは私たちの データ保護ポリシー.
続きを読む